Igakura Youko Ethical Blog 

TV東京「ガイアの夜明け”地球を救うヒット商品とは”」を見て振り返る森林農法

Posted on: 2012/09/11

今日、TV東京「ガイアの夜明け」(22:00~)でのテーマは「地球を救うヒット商品とは」でした。最初から最後までじっくり見させていただきました。

番組は「無印良品の草木染めオーガニックコットンタオル開発への道のり」と「フルッタフルッタが手がけるアサイードリンクがアマゾンの森を救う」という内容の2本立てでした。

フルッタフルッタは創業10年の食品会社。アサイーというアマゾンのフルーツを使ったアサイードリンクが女性を中心に支持を得ています。私も飲んだことありますが、スッキリした甘さで美味しかったです。

このアサイーはブラジルから輸入されていますが、その農法が自然と共生した「森林農法」なんです。

森林農法」とは様々な作物を混合して植えることによって生態系を守りながら、作物を育てる農法です。様々な作物を植えることによって、豊かな土壌が形成され、農薬や化学肥料に頼らずに持続的に作物を作ることができます。

また、多品種を植えることによって、収入をひとつの作物に頼らなくても良いので、市場の影響を受けにくく、比較的安定した農場経営を行うことができます。

大学の時に、実習でメキシコのクエッツァランという地域で森林農法を見学してきました。ここを拠点にするトセパンという先住民を中心とする組合では、元々ある森の中でコーヒーやオールスパイス(コショウの一種)、シナモンやオレンジなど約30種類の作物を栽培していました。

畑というより、「」と表現したほうがいいかもしれません。「本当にここで作物が?」と思うくらい、自然のままだったのです。以下、そのときに撮った作物、樹木など。(作物の名前は忘れました・・・すみません)

コーヒーの実

シナモンの皮をはいでるところ

そして、こちらは森林農法で育て始めた若い畑。低い木がコーヒーです。この写真は2006年のものだから今は大きくなってるだろうな~。

そして、このトセパンで森林農法によって作られたコーヒーが日本でも買えるんです!!

スローコーヒー(千葉・松戸)で販売されている「太陽と森の楽園コーヒー」がそれです。私は大学の時に一緒にメキシコの実習に行ったカップルに結婚祝いとして贈りました☆

あー、なんかコーヒーが飲みたくなってきた。。でもブラックは苦手だからカフェオレかな。笑。

今日のガイアの夜明けで出たもうひとつの「無印良品の草木染オーガニックコットンタオル」に関連して、コットンの栽培などについてまた書きたいと思いました。それはまた次回に。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。