Igakura Youko Ethical Blog 

飛騨・古川スローツアー

Posted on: 2013/02/18

IMG_8035

この週末、greendrinks松柏のイベント「ひだびとの暮らしに学ぼう!田舎で暮らし働くを考えるツアー」という飛騨・古川への旅に参加してきました。

ちなみに、greendrinksとはグリーンやサステナブルをテーマとしたエコ飲み会。ニューヨークやパリをはじめ、世界各都市で開催されています。日本でも北海道から沖縄まで全国各地で行われています。

私は今、松戸に住んでいて、gd松戸や松戸市のおとなり柏の人たちとつながりがあり、今回の飛騨への旅に参加してきました。飛騨については飛騨牛や白川郷ぐらいしか知らなかったんですが、今回の旅ではなかなか普通の観光旅行では味わえない体験ができました。

新宿からバスに揺られること約7時間で飛騨・古川に到着。古川の町は町屋がならび、その中に酒蔵やカフェ、精米所など様々な商店が並ぶとても風情のある町です。

IMG_8059

到着後は、飛騨の観光カリスマMさんのお話を聞くトークセッション&ワークショップが飛騨市文化交流センターで行われました。

Mさんは「楽しい都会でつまらない生活を送るより、田舎で楽しい生活を送りたい」と思い、飛騨のまちづくりをされてきました。単なる観光ではなく、市民の息づかいを感じられるようなまちづくりをすすめていらっしゃいます。

たしかに、そのまちに暮らす人たちと交流できる観光ツアーってあまりないかも。そういった意味で今回の旅はたくさんまちの人たちの話を聞くことができ、とても濃い時間を過ごせました。

お話の後は松戸と柏グループに分かれて「理想のまち」というテーマでキーワードを出していくワークショップ。私は松戸グループでしたが、まぁみんな黙々と書く書く。笑。

IMG_8001

私が出したキーワードは大きい森とか、暮らしに必要なものが地域の中(願わくば顔の見える範囲)でまかなえるとか、夜一人で歩ける(苦笑)、など。

松戸に越してきてまだ1年未満ですが、改めて松戸というまちについて考える機会になりました。(ちなみに引っ越してきたのは松戸の地理的な条件というよりも、そこに受け入れてくれるコミュニティや人がいたことの方が大きかった)

これから、日々の生活の中で何ができるか考えながら生活していきたいな。

そして、夜はMさんや地元の方、古川に移住した人たちとの交流会(大宴会。笑)。飛騨のお酒は美味しかったな~♪もちろんお土産にも買って帰りましたよ。

移住した人たちと話した中で、「ここで暮らしてるとあまりお金を使う必要がないんだよ~」とか「このへんの人はみんな仕事のほかに畑をやっているから野菜はご近所さんのおすそ分けで足りてしまう」とか聞いて、ビックリ!そういう、つながりの中で生活が成り立っていってるのってすごくうらやましい、とも思いました。

なんか、移住した人たちの話や表情からすごく満たされているんだろうな~っていうのが伝わってきました。(もちろん、こういった場所に住むからこその苦労などもあるだろうけど。古民家に住むという人が、冬は家の中でダウン着てますっていうのには驚いた。)

———————————–
2日目は、今回の旅行会社「美ら地球(ちゅらぼし)」さんの里山ダイニングツアーに参加。町の中の商店をめぐり、お話を聞きながらめぐります。

こちらは町の中にいくつかある「屋台」を保管する蔵。古川では毎年4月19,20日に「古川祭」というお祭りが行われていて、夜にはふんどしをつけた男性たちが太鼓を叩きながら町を練り歩くそうです。屋台とは、いわゆる「山車」のことでこのあたりでは屋台という呼び方だそうです。

IMG_8033

その後はこうじ屋さんで生のこうじを見せていただいたり、
IMG_8045

古民家を利用したカフェでココアを飲んだり、
IMG_8053

IMG_8057

渡辺酒造店さんの酒蔵を見学したり、
IMG_8078

IMG_8077

福山米穀店さんでお米の話を聞いたりして、まちの人の暮らしをのぞかせていただきました。

その後の昼食は、ほぼすべてが飛騨のものから作られた、地産地消メニューでした。ほんとにいろいろな作物が作られているのがわかります。

味もやさしい味でとても美味しかった~特に真ん中のネギ味噌揚げが気に入りました♪あと、お米がとても美味しかったです!

IMG_8083

地域やまちにある歴史や資源、文化、習慣が根付いていて、いまも受け継がれているというのはとても魅力的だし、うらやましいと思いました。

大学入学を機に宮崎を出て横須賀に住み、社会人になってから東京に移り、現在は千葉・松戸へと転々としてきたけれど、ずっと住むなら、その場所ならではの文化があるところに住みたいなと感じさせてくれる旅でした。

地域の資源を生かしながら、シンプルでていねいに紡がれている暮らし。私もそんな暮らしをしていきたい。まずは身の回りをシンプルにしていくことから始めてみようかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。